インターンシップは行くべき⁉ 就活生が語る参加するメリット

以前の記事でインターンシップの活用法について、自分から経験や変化を取りに行くことが大切だという話を書いた。
今回はそのインターンシップで特に皆さんに意識して取り組んでほしい私の個人的な意見を紹介する。

それは「就活オタクの友人を作れ」ということである。
理由はモチベーションを維持するためだ。

オタクというと少し違ったイメージを抱くかもしれないが、簡単に言うと、ものすごく就活に熱心に取り組んでいる優秀な学生ということである。

 

就職活動というのは早い人であれば3年生の春学期開始から始まり大抵の場合4年生の6月頃まで、短い人でも3年生の年明けくらいからは意識し始めるだろう。いずれにしても最低3か月くらいはかかる長期戦である。そんな長期戦の中でモチベーションを自分一人で保ち続けることは結構難しい。

人間だれしもが長期的に物事に取り組んでいるとモチベーションは変動する。だから一時的に下がってしまうことは決して悪いことではない。しかしだからこそモチベーションが下がり始めたときにストッパーとなってくれる存在が必要なのだ。

私はこのストッパー的存在に助けられたと強く感じている。

3年生の5月という比較的早いタイミングで就職活動を始めた私はその甲斐あって夏のインターンシップにはそれなりに参加することが出来た。しかし夏を過ぎたころから急激に就活に対する熱が冷めた。そう、「これ俺たぶん終活いけるなぁー」という精神になってしまったのだ。

そこから何もしない2か月が過ぎた12月中旬のある日、ストッパーがこう告げてきた。「俺、某外資系コンサルティング会社から内定もらった。」衝撃的だった。

私はストッパーを心から讃えると同時に、自分に強烈な焦りを感じた。その翌日から私は再び就職活動に取り組みその後もたくさんの助けをストッパーから得ながら無事第一志望に合格した。

少しストーリー調で私の体験を記載したが、ストッパーの存在の大きさをお判りいただけただろうか。

この中で大切なのは、12月に内定を取ってしまうくらいストッパーが”優秀で就活オタク”だったということである。

 

人間というのは多くの場合、2つの心理から行動すると言われている。欲求と危機感である。そういう意味で就活オタクは常に危機感を持たせてくれる。就職活動は個人によってスタイルが違うことは当然だが、動かなければ成功はない。

 

インターンシップにはたくさんの優秀な学生が来るだろう。様々なものを得られるチャンスがあるインターンシップだが、最大のインターンシップのメリットはこのような就活仲間に出会えることだ。最終的にストッパー的な存在を発見し、将来的にはお互いを刺激し合える関係になればベストではないだろうか。

0
share this on