ES(エントリーシート)とは 落ちないためのエントリーシートの作り方

ES(エントリーシート)って聞いたことありますか。
ほとんどの企業では面接をする前にESを提出することが求められます。
就活生の多くの多くにとって、就活を始めて最初の関門がESだと思います。
就職活動においてESは軽視されがちですが、非常に大切です。ESに通らなければ、スタートにも立てないからです。また、ESは誰でもきちんと書き方を学び、内容を磨いていけば、必ず選考を突破できます。
今回はそのESの基本的な部分を説明していきたいと思います。

そもそもESとは何か

ESとは企業が面接前に履歴書ではわからない人柄や今までの経験を知るために求められる書類です。ESではどんな学生なのかを知るための質問がされます。
いわば学生から企業へのラブレターとも言えるでしょう。

 

どんな質問があるか

質問は大きく分けて2つあります。
①学生の能力を問う質問。

例:あなたの強みを教えてください。
一番困難だった経験は何ですか。
学生時代頑張ったことは何ですか。
リーダーシップを発揮した経験は何ですか。

 

企業はこれらの質問から学生が自社で強みを活かしてどのような活躍をしてくれるのかを推し量ります。そのため企業によって求める能力は異なります。

しっかり、事前に自分が受ける企業がどのような学生を求めえいるか調べ、そのうえで上手くその能力をアピールできる書き方をする必要があります。

また、自分の能力を企業にしっかりアピールするためには、その企業に入ってからその能力を活かして活躍している姿を人事の人に想像させることが大切になてきます。

その際に重要になってくるのは、その能力の汎用性です。サークル、バイト、学生団体どんな経験からでもいいですが、それが仕事に結びつかなければなりません。そこをうまく結びつけることが出来ると、その能力を活かして活躍する姿を人事に想像させることが出来るでしょう。
リンクを張る(頑張ったことの書き方)

②志望理由を問う質問

例:当社を志望する理由を教えてください
当社に入って成し遂げたいことを教えてください。
この業界を志望するきっかけを教えてください。

 

企業はこれらの質問から本当に当社に入社したいのか、また、当社のことをしっかり理解しているのかをみます。
ここで重要となることは大きく分けて2つあります。

1つ目は、徹底した企業分析です。まずはその企業を知らなければ、なぜ自分がその企業を志望しているか説明することが出来ません。最初に誰よりもその企業について知ってください。
リンクを張る(OB訪問、企業分析の方法)

2つ目は、自分の経験と企業をうまくつなげる必要があります。どういう事かと言うと、志望動機では一貫性が重要になってきます。

つまり、自身の経験から~な仕事がしたい、~な価値観で働きたい、~な人と働きたい。だから~な貴社で働きたいという風に~が一貫してる必要があります。
リンクを張る(志望動機の書き方)

最後に…

今回はESとはどんなものかを解説してみました。
記事を読んでESとは何かを理解できたと思います。ESの上達はとにかく書くことです。
皆さんもたくさん書いて上達していきましょう。

0
share this on