直前で慌てないために、面接前にすべきこと[就活生必見]

 

面接前に皆さんは何をしていますか?

面接は内定を得るために最も大事な選考でもあります。
そのためにできる準備はすべて行ったほうがいいですね。
面接の直前で「あっ、しまった。あれやるの忘れてた」とならないように、しっかりと準備するべきでしょう。

今回はそうならないように、面接前にするべきことをまとめていきたいと思います。

面接前にするべきこと

面接の基本的な流れをシミュレーションしておく

面接の前に、基本的な流れをシミュレーションしておくは非常に大切です。
面接に全く緊張しない人はなかなかいないですよね。

面接という特別な場において緊張は付きものです。緊張でテンパってしまはないように事前にシミュレーションしておきましょう。

ノックする→部屋に入室する→挨拶する→コートを脱ぐる椅子に座る・・
など、自分の動き方をしっかりとシミュレーションしておきましょう。

当日少しでも落ち着いて行動する上で役に立ちます。

シミュレーションを通じて押さえておくべきポイントを体で覚えておくと、どれだけ緊張しても大丈夫ですね。

企業からのメールを確認しておく

面接を予約したら詳細メールが企業からくると思います。
前日に必ずもう一度その企業からのメールを確認しておきましょう。

面接の日時や場所を間違えていたら、面接を受けることが出来なくなってしまうかもしれません。

特に、場所には要注意しておきましょう。

1次面接と2次面接で面接会場が異なる場合もあります。

面接の場所については印刷して当日持っていくことをおススメします。

面接場所までのルートも確認しておきましょう

面接に遅刻なんてありえません。

必ず会場までの電車の乗り換え、最寄り駅からの道のりもしっかり確認しておきましょう。

家を出る時間は早めにして、余裕を持ったスケジューリングを心掛けましょう。

身だしなみには要注意

面接では、身だしなみも重要なポイントになります。面接の場に相応しい身だしなみで臨んでいなければ、「社会人になるという自覚が不足しているのかな」と面接官に思われれてしまうかもしれません。

「人は見た目が9割」という本があるように見た目は非常に大事です。

面接直前に、汚れていることに気づいて慌てないように着ていくものも前日に必ず確認しておきましょう。

ESを読み返す

面接の前にESを提出していることがほとんどだと思います。

ESに沿って面接が進められることもあるので、必ずもう一度読み直しておきましょう。

ESと違うことを面接で話すと面接官は混乱してしまうかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか。
面接前にすべきことは意外とたくさんあります。
面接には万全の準備をしてから望むようにしましょう。
面接対策には合わせてこちら「面接は会話 就活生が勘違いしている面接での話し方」もお読みください。

 

best-vision

0
share this on