御社と貴社ってどう違うの?

はじめに

皆さん就活を始めて苦労するのは以外にも言葉遣いだったりしますよね?
敬語って本当に難しいですもんね。

普段の生活で敬語をそこまで意識することって中々ないですもんね。
普段あまり意識して使っていないのに、いざ就職活動となって使う必要に迫られると、「あれこの言葉遣いであってるっけ?」と多くの人がなってしまうでしょう。

御社と貴社の使い分けはその中のひとつとも言えるのではないでしょうか。

面接をはじめ、人事の方やOB・OGの方に連絡するときなど、御社と貴社のどちらを使ったらよいか迷ってしまう人が多いのではないでしょうか?

就活においては言葉遣いは重要なポイントの一つであると言えます。

今回は、御社と貴社の使い方をまとめたので、しっかりと理解しておきましょう。

御社と貴社 実は同じ意味!?

御社と貴社は両方とも「あなたの会社」という意味です。

そのため、その言葉自体に大きな違いはありません。では、何が違うのかというと、「話し言葉」「書き言葉」かの違いなのです。
どっちを使って良いというわけではありません。

では、どちらが話し言葉で、どちらが書き言葉なのか理解しておきましょう。

面接で「話す」ときには御社

御社を使うのは直接話して伝えるときです。

つまり、「御社」の利用シーンとしては、「話し言葉」として、就活の面接やOB訪問、採用担当者との電話のように、実際に会話をするときです。

逆にエントリーシートなどの「書き言葉」で、「御社」という言葉を書き記すことはありません。

ESで「書く」ときには貴社

貴社は書くときに使う敬語になります。
具体的に言うと、履歴書やES、メールでのやりとりは会社に対する敬語として、貴社を用いるということです。

会社以外の相手はなんて言うの!?

御社や貴社は、【会社】のことを指す言葉です。会社以外のことを表現する時、例えば銀行などは、相手のことを「御社」や「貴社」と言うことは出来ません。

それぞれ正しい言い方をしっかり覚えておきましょう。

銀行=「御行」「貴行」
信用金庫=「御庫(御金庫)」「貴庫(貴金庫)」
病院=「御院」「貴院」
学校・学校法人=「御校」「貴校」
⚠学校を表現するときは、一律に「御校、貴校」と書くのではなく、学園の場合は「御学園、貴学園」、学院の場合は「御学院、貴学院」と書きます。
市役所、区役所=「御庁」「貴庁」
省庁=「御省」「貴省」
都道府県=「御県」「貴県」

 

いかがでしたでしょうか。今回は御社や貴社の使い分けをまとめました。

ちょっとした言葉の違いですが、人事担当者によっては「基本が出来ていない学生」という印象がついてしまうかもしれません。

また、就職した後も、これらの言葉の使い分けはビジネスマンとして必須です。
しっかり確認しておきましょう。

0
share this on